ジャムと私

改めましてジャムお疲れさまでした!

私にとっての今夏のツアーってほんとにほんとに大きなもので。 私が応援すると決めた日から今日という日まで関ジャニ∞を、大倉くんを応援してきたのはこの瞬間を迎えるためだったんだって実感したツアーでした。

ステージに立ってるときの7人が心の底から楽しんでて、7人がやりたかったことってこれだったんだと思うとそれを実現出来るくらい大きくなって本当に良かったなって。

毎公演その日の大倉くんに担降りしてました。私は永遠の大倉担新規だよ〜☺💚

という訳でこの思いを早急に文字にせねばと思いブログを書き始めた次第です。 まあ主に大倉くんの話だし脱線もしますけど良かったら見てください。

まずですね、ジャムの大倉くんのビジュアル。最高で最強だった。しかも全公演。これは奇跡。

札幌初日の大倉くんのビジュアルを見た私 「金髪短髪ーーーーー前髪重めーーーーー無理好きーーーーー天才かよーーーーー😭」 ひたすら悲鳴をあげてた。

スクリーンに映っただけで客席がざわつくって凄いよね?札幌の大倉くんはその美貌でドームを揺らしまくってたよ。あれは二次元すぎた。

そしてね、最初から最後までずーっと全力なんですよ。目に見えて分かるくらい全力なの。気を抜くところがないの。別に今まで私が見たコンサートで気を抜いてた瞬間を見たかと言われたらないんだけども。バンドもダンスもファンサも全力でどこの大倉くんを思い出してもキラキラ光り輝いていた。

オーラスの青春のすべてで客席を右から左、上から下って順番に見てたときの大倉くんのあの穏やかな表情が全てを物語っていたなって思った。

大倉くんって過去もツアー途中とかオーラスとか泣いてなかった?みたいな真偽不明の涙レポ廻ってくることあったし、オーラス大倉くん泣いちゃったらどうしよう〜〜とか謎の心配してたら涙なんて一切なくて清々しい顔してて。きっと自分の持ってる力全てを出し切れたんだろうなって思って。

私正直、ツアー終わったら拗らせすぎて涙ボロボロの予定だったんですけどそんな大倉くん見てたら私も満足感でいっぱいになったし胸を張って関ジャニ∞が好きだ!って言えると思ったし笑顔で締めくくれた😇

オーラスのWアンコールのI to Uの曲振りも締めの挨拶も大倉くんだったんだけど、

曲振り「皆さんへのラブソングです

挨拶「皆さんありがとうございました。凄いいい感じで終わったね!ひと夏駆け回ったんですが、また絶対近い内に会えるように頑張るんで、そのときはまた会いに来てください

いやあ〜やっぱりこの人分かってるなあって。語彙力ないんだけどこの人は分かってる。我々のことを。ズルい人だと思う。

さあ、内容に関しての感想述べていきます🙋

今回のツアーが今までのツアーと大きく違うところとしては前半バンド、後半アイドルの2部構成ですよね。

一言で言うと超いい!切り替えスイッチ入りやすいし。正直初日は、

バンド始まりいいねいいねハイスピテンション上がる〜👍

象もライオンもやったらさすがにそろそろバクステ向かうかな〜

侍唄…落ち着いたね…やっとバンド終わりかな…

あれ、holic来ちゃったよ?今日メトロックだっけ?

NOROSHIの特攻凄いけどこれ終盤のやつじゃない?

んんん?MC来たけど?今日終わり?

って感じですっごいバンドの時間長く感じたんですけど、東京くらいからうそ〜もうNOROSHIじゃん〜バンド短いよ〜(;;)みたいな真逆の感情になってたし逆に今までのコンサートってどんなだったっけって考えちゃうくらい2部構成しっくりきた。

前半バンドの大倉くんはとにかく全力で演奏しているんだけども、メンバーの顔めっちゃ見てて目が合うと目が八になってくしゃーって笑ったりどや顔で合わせたりひとつひとつのお顔が本当に最高に好き。

象の天井カメラ演出大倉くん発案なのかなあれ大好き!🐘(札幌の時双眼鏡使っててあることすら気付かなかったけどw)

侍唄の最後大倉くん先っちょ毛糸丸めたのがついた木琴叩く棒みたいなやつに持ち替えて叩いててそれだけで可愛いのに村上くんと2人で目と息合わせて演奏後同じタイミングでピタって止まるの可愛かったな〜

いつからか夢への帰り道前に大倉くん次第で曲を始められるからかトークで場を繋ぐ時間できてて

倉「まるちゃん元気〜?」

丸「元気〜元気印〜!」

っていう地獄の下りが完成してしまったり(全力の褒め言葉)、いざ夢への帰り道始まったら村上くんのピアノソロを崩そうとくらまるりょがアレンジして歌って村上くんつられちゃって仕切り直したり。オーラスでは地声でキモチイイ〜!って騒ぎ散らかしててワンコだった🐶ゴールデンレトリバー🐶

勝手にスーパーすばる様タイムを作ってたんですけど

①Traffic「目が醒めるような美人なお姉さん 眠そうな目擦ってお疲れ様です」

②NOROSHI「あら控えめなのね、girl?」

③DONAI「間違いの恋でも素敵やん」

おまけ:奇跡の人「死ぬ時手紙を残すから今でも大好きと」

このすばるくん達まじでやばなかった?順番に解説するよ!笑

①は前半(札幌大阪)はお疲れ様です(ドヤ)みたいな上から目線な感じだったのに、後半(東京福岡)はお疲れ様です(満面の笑み)で年下みだしてきてたのズルくない!?2度おいしいかよお得感が凄い😋

②すばるくん何回女に話しかけんだよって感じだけど(笑)なんせ顔がカッコいいからいくらでも耐えられる。なぜかオーラスだけ真顔で控えめにピースしててまさかすぎて死んだよね〜✌

③ここも毎回キメキメで全力ウインクしてて😘しかも頬とか動いちゃう濃厚なウインクの方😘2番はAメロ村上くんのラップで右左に飛び跳ねてBメロで丸と2人でエアピアノ連打してやりたい放題なのにここは完璧に決めるんやで。

おまけは札幌大阪くらいまでの話なんですけど、奇跡の人って札幌で初披露だったから札幌メンバーもファンも手探りでこの歌って笑って良い曲なの?感MAXだったんですよね。そんなフワフワした雰囲気の中最後すばるくんのここのソロあって、歌詞知らない我々はすばるくんがこの歌詞歌った瞬間ひゃ〜〜〜❤ってなっちゃってその反応ですばるくんも照れちゃって全力でハニカんでたの!東京以降はもう照れもなくなってそのままほっこりした顔してたからあれは札幌大阪の幻でした…

この度すばる担と連番しなかったのにこのときばかりはすばる様のお姿を一目拝見するためにみんなで姿勢をただしてスクリーン待機してううぅ…ってすばる弾を喰らって毎回拝んでた🙏笑

畏れ多くてすばる担なんて私出来ませんって今ツアーで再確認しました。すばる担はとてつもなく強靭な心臓をお持ちである。

とても長くなったので2部は次の記事に行きます(∩o^)⊃ー☆.゜🍓

恋は終わりのない間違い探しさ

 

 

 

東西SHOW合戦にて$10シャレオツ夜空ノムコウSMAP曲を使ってくださったSixTONESの皆様!天才です!ありがとうございます!

 

  

 

$10のときフゥー!って掛け声を誰もしていなくて、Oh…ジェネレーションギャップ😩って悲しくなったけどSMAP曲って本当に最高なんですよ…(ちなみに4年ほど前の重岡ソロでやったときはフゥー!がちらほら聞こえたから仲間あって思ってた←)

 

 

 

そこで私が勝手にSixTONESにやってほしいSMAP曲を紹介したいと思います。ピースピース。

 

 

 

※東西終わってすぐこの記事作ってたのに下書きに眠ったままだったので次のEXがSixTONES単独という今このタイミングで放出します\(^o^)/

 

 

 

 

 

私的にはこの星のHIKARI的ポジションの曲だと思っています。おたく拗らせちゃうよソング。

 

こっち振り向いて笑った(気まぐれでも)

君を見つけて分かった(何でもいい)

っていう追いかけっこ絶対似合うからSixTONES

 

gift gift 宝物だよ たった一つの!

ここもSixTONESに歌わせたい欲が溢れる。最後♡飛ばしてほしい。髙地くんキラッキラの笑顔ください󾌰

 

 

 

 

 

  •  SUMMER GATE(MIJ)

夏!夏!って感じ。未だに私の夏はこの曲で始まります。むしろこの歌聞かずして私に夏は来ません。SixTONESって夏曲絶対合いますよね!?

 

愛し合いたいのに君は\Shy Shy/

でペンラ振り振りしたい!SixTONESにSUMMER GATE開いて連れてってほしい!

上下トロピカル柄の派手派手スーツとか着て歌ってほしいです!

 

 

 

 

  • Mistake!(Mr.S収録曲ですがアレンジが加わっているのでBatteryとの両A面シングル)

私コレ初めて聞いたとき、「あっ、好き」って直感で思ってSMAPの真骨頂だと思ったのですがベストアルバムに入らなくてそうでもないのかってしょんぼりしました。

これはね、慎太郎くんに踊って欲しいソングです。

 

恋は終わりのない間違い探しさ

だよ!?恋愛が面倒くさいと某雑誌で解答してた慎太郎くんに歌わせたすぎる!!

 

 

 

ずっとそばにいてほしい

この本当の想いだけ届けたい

素直になれない2人のMistake

 

1番最後の繰り返すところの振り付けが!足くいってやるところ!最高に好きなんです!やってくれ〜〜

 

 

 

大穴かつ私の大本命です!

Pop Up! SMAPでシングル曲のカップリングという分際()で冒頭のメンバー挨拶曲に大抜擢された激推され曲です!

Bメロにちょろっとラップあるから樹ちゃん頼みますね。

 

まいりあるうううう󾫴

ってところを6人に歌わせたいだけです。慎太郎くんの口角が絶対に上がってくれるところ笑

 

ギラギラして彼女の前とかでイキってる人が、俺が1番になって世界中が俺を羨む瞬間来いや〜って歌ってる歌なんですけど

 

転校生と出会いたくて

トーストくわえ走る

今も消えない心の焦げ目さ

 

っていう歌詞がちょっと哀愁あって、過去のこういう調子乗ってた経験も含めての俺カッコいくない!?っていう世界観が私的今のSixTONES像と重なるんです…今が1番カッコいいSixTONESさんにやってほしいし、ここのパートはジェシーさんに歌ってほしすぎる(T_T)

 

 

 

 

ぶざびた見たくてPop Up!のDVDを見てその後も見てたらこの曲を見てしまって…SixTONESがぽっぷあっぷコンやれば最高なのでは?

 

歌詞的にも大人なので慎太郎くん20歳記念(=SixTONES全員成人記念)にこういうカッコいい色気のある曲いかがですかね?

 

 

 

 

ジェさんと大我の裏声で聞きたい!

バラード何がいいかな〜って考えたけどせっかくだから歌唱力を活かしてほしいなと思ったので。

 

 

 

 

  • Let it be

こういうカッコいい曲も行ける気がする〜。黒のスーツとか着ちゃって!大人になった6人が色気大放出しちゃって!激しめに踊っちゃって!ジェさんの長い足目立っちゃって!ズドン。

 

 

 

 

このまま行くと永遠に語っちゃいそうな気がしたから強制終了〜。

 

 

 

 

番外編

〜慎太郎くんにやってほしいソロ曲〜

 

昔からソロ曲妄想も大好きな私なのですが慎太郎くんのソロは私の中で今のところこれしか考えてないです。(何様だよw)

 

 

 

shigusa (SAMPLE BANG!)

 

一択です。香取慎吾くんのソロなんですけどコンサートではすけすけのレースブラウス着て女と絡んでるんです。当時小学生だった私はなんのこっちゃ分かってなかったと思うけど十何年経った今も私の体内にあの心地いいメロディが染みてるんですよね。

 

ブレーキを踏む〜

ってところが好きすぎるからやってほしい。慎太郎くん自ら考えたガシガシダンス×スウィートボイス。うん。確実にshigusaの世界観に合う。私には見えています(何が)

 

 

 

 

 

以上私利私欲にまみれたSMAP×SixTONESでしたが、SixTONESさんがまたSMAP曲をやってくださることを期待してます🤗

 

 

 

 

はああ〜SixTONES単独楽しみだああ〜!

 

20歳の慎太郎くんを目に焼き付けてきます😌💚

 

 

 

 

そうさ僕達は愛しあう為生まれてきた

 

 

東西SHOW合戦のレポという名の私の狭い視界で見た感想振り返り。

後半戦です🙋

 

 

 

  • Jumpin'up

コント衣装のまま歌うなかなかにシュールな感じで、みんな客席に手を振りつつもSixTONESの団結力をめっちゃ感じた曲。


週刊誌にあの記事が出て最初の公演に入ったんですけど、この曲のイントロで京本と樹が耳打ちしててそのあと樹が他のメンバーに順番に耳打ちしてたからえ、何するの?と思ったらいつもはじゅりコールで始まる樹ラップが、


\きょも!きょも!きょもきょもきょもきょも!/
って5人が楽しそうにコールして京本がYo!俺は京本大我だぜ!※○▲〜◇(私には聞き取れなかった)って全力でRAPしてたの。爆笑するメンバー。えっ、何この空間。オアシスかな。今日の今日っていう私の深読みかもしれない。ちょっと意味を取り違えたらアウトかもしれない。でも私はSixTONESのあたたかみを感じた。SixTONESいいなあって思った。

 

別の回のコントのほくしん(停電してる間に何をやっていたか再現するシーン)

慎太郎「あっ、木の棒落としちゃった」

北美「(ドミノマスクつけて)あなたが落としたのはこの木の棒ですか?それとも…このムチ!?」

慎太郎「僕が落としたのはタケノコです」

北美「素直なあなたにはムチをあげよう」

慎太郎「やった〜\(^o^)/」

っていう謎の交流で幼稚園児・慎太郎がムチを手にしてそれで背筋鍛えようとしたりふざけて、この茶番終わった後北斗くんが慎太郎くんにこそっと「木の棒に戻す?」的なこと聞いたら慎太郎くんが首横に振ってコント終わるまでムチを持ち続けてたの目撃してなんたる距離感ほくしん…🙏とそれだけでも満足だったのですが、Jumpin’up中盤でドミノマスクつけて歌ってた北斗くんに慎太郎くんがムチを差し出してえすえむ女王様と化してムチファンサをし始めたときはさすがに戦慄いたしました!

 

新橋演舞場の小道具にドミノマスクとムチがあること、それで何かできるかもしれないと思ってソファーの裏にそれらの小道具を仕込んでいたこと部誰がやったか分からないけど今考えなおしてもやっぱり戦慄いたしました!

 

 

 

私は!このメドレーのために今日まで生きていたんだなって!私の生きる力を与えてくれた時間。SixTONES最高って何度でも言いたい時間。

 

 

1曲目からシャレオツだからね!?全然問題あるよ?今回のセトリの音源をほぼ持ってないので毎日iPodでシャレオツ聞いてます。
SMAP×SixTONESのしっくり来る感じは何なんだろうか。SMAP×SixTONESもっとください!やってほしい曲まとめてレポート提出したい。

 

階段上から登場してすぐ下に降りてしなやかダンス踊る慎ちゃん。好きしかない。

「悪いけど放っといて」で階段上にいる樹と目合わせて指パッチンするとき、心の中でしんじゅり今日もいいね絶好調だねフゥ〜〜👌って煽ってた。

 

 

この星のHIKARIスタンドマイク発案者出てこ〜〜〜い!(当方スタンドマイク厨🙋)


私この歌大好きだよ!いや大好きなんだけど!

さすがに去年歌いすぎたよね〜感は否めなかったと思う。本人たちなら尚更。そんな曲をアレンジしてまたこの歌を好きになれるとか…シアワセ。何度おいしい思い出来るんだよ私。
マイクスタンドにマイクをなかなかセット出来ない樹のことずっと見て笑ってた慎太郎くん超好きなやつだったし、「2人でいると時間はこんなに〜」は基本見合って笑ってて君達は何百回この下りをやっているんだよと問いたかった。マンネリ化を知らないカップルかよと。いつもあんなに楽しそうに踊ってくれてこの曲も幸せだろうなあ。(とうとう曲自体にまで感情移入しはじめる謎の展開。)

 

 

Shake It Upはですね…その当時バカレアはあんまりだったけどこの曲は大大大好きで、少クラで髙木くんセンターで7人で歌ってたしぇきら何百回見たことかっていう。片足あげる振りが好きすぎて慎太郎くんの口を意識しながら真似してた。

そんな曲をまわりまわって今、こうして好きになれた時代に聞けるなんて!若いのに俺たちギラギラオラオラしてるぜ(っていう風に私には見えていた)感で押し切ってたあの頃の6人とは全然違って大人っぽさとかセクシーさも加わってて、男の子の成長怖いなあ。

 

 

SIX SENSES〜HELL,NO〜愛のコマンドの流れは怒涛すぎてね。新橋演舞場がライブハウスに変わった。記憶があまりないくらいただただ楽しんでた。SixTONESに必死についていった。

 

このパートの慎太郎くんがこうだったんだよお!とか絶対あったはずなのに連続でやられるから目が離せないしメモしてる場合じゃないしこの後とんでもない爆弾控えてるから本当に記憶がない。

ええ、ええ、ええ!私ここの記憶が全くございません!(※テンパった時の慎太郎くんの口調)

私のポンコツ脳どうにかならんのけえ(T_T)

 

 

BE CRAZY
はい、さっき言ったとんでもない爆弾これ〜〜💣

去年の春は4人で、夏はバルコで立って、秋はリミックスバージョンで、新規の私はやっと本物のフルのびーくれが見れて感無量でした。この星にはアレンジを加えるけどこっちはそのままやるって分かりすぎてる。本当に天才。

 

3、2、1、Now!Let's Go!

っていうカウントダウンの胸の高鳴りヤバくない!?ああ、来る…来るよ来るよ…って何回聞いてもなっちゃう。そわそわしちゃう。イントロ若干アレンジ加われてるのもいい。


原則双眼鏡おばさんの私が1公演だけ双眼鏡を一度も使わずBE CRAZYの慎太郎くんを自分のこの自分の目に焼き付けよう!と肉眼で見通したことがあったんですけど、カッコいいが止まらなくて胸のドキドキが止まらなくてバンバンバンくらいから気付いたら泣いてた。

 

ああああ私は今生きてるうううう好きだああああって新橋演舞場で叫びそうになった。大サビ前のバンバンバン!の慎太郎くんは宇宙一、いや、銀河一カッコいい。私が少クラで見たあのときの感情は間違ってなかったって思った。

 

間違ったっていい それでいい

んだよね樹ちゃん!?SixTONESに全面降伏です。私の負け。


からのガシガシに踊り続けた最後の「心燃やして」でしんじゅりシンメ2人で笑ってドンドン心臓叩いてるのが!しんじゅりマブダチすぎて!ビークレ中あの一瞬だけ2人のネジが緩むの。顔くっしゃくしゃなの。慎樹友情永久不滅也…尊い

 

 

 

日替わりでSixTONES・関西Jrから各1人ずつ選ばれて少しお話して1パート歌うんですけど、私は1公演だけ慎太郎くんに当たりました。髙地樹龍太の回一度も見れなかったから運ですよね〜。

 

森本×西畑回に入ったけどとても余所余所しかった(笑)いきなり慎ちゃんが丈一郎の話しはじめるしやな。しかも東西見に来てって誘ったのにランニング(ちなみにランナーは今江くんとリチャだから丈は走らないw)に専念するからって断られたと。丈一郎、大好きな龍太くんいたのになんで来てくれなかったん!?

 

最後は安定の年齢の話になって

「大吾とジェシーがタメなのもビックリだけど、俺のほうが年下っておもしろいよねええ、ええ」

ってドヤ顔?してるのカワイイちゃん。大吾とのガタイの差が一目瞭然だった。クマとリスみたいな。

 

歌では慎ちゃんのスーパーゲロ甘ボイスがふんわ〜〜りと新橋演舞場に広がって実にスウィートな空間でした💓新橋演舞場の柔軟性に拍手👏

 

 

 

  • Amazing!!!!!!

SixTONESの新たな曲ですよ!こんなにカッコいい曲いただいちゃってそれをもう既に自分たちのものにしちゃって!凄いなSixTONES!衣装も新しいのいただいちゃって!

 

慎太郎くん雪男みたいな全身モフモフの衣装で、フードがスパンコールで出来てるんだけど、普通のフードじゃなくててんとう虫の羽根みたいに真ん中が裂けてて超可愛い。早く全世界の人に見てほしいから少クラさん頼みます✨

 

イントロから慎太郎くん以外座ってダンスソロなのカッコいい。6人で座ったら左右に揺れてビート刻んでるの。ええっ、カッコ良すぎるよ〜!!!!!!

 

1、2、3、4、5、6、SixTONESのあの振りなに?指を折って腕をぐるーんとする振りの慎太郎くん超エロいんだが!視線だか表情だか手の動きだかなんかよく分かんないんだけど超エロい!

 

友人が「石臼挽いてるんだよね?」っていってたのがしっくり来すぎているので石臼タイムと呼びます(笑)そんな石臼タイム後のサビで

 

「お前らは守るから」「どこまでもついてきな」

とか言われちゃったら困るんですが!えっ!ついていきざるを得なくない?

ろきろきろっきゅーいぇいいぇい!じゃないし😭


「泣いているなら寄り添うよ」の慎太郎くんとか涙を手で現して寄り添ってくれてて…!もう…!慎太郎さんったら…!ってなるし、6人が横一列に並んで歌うところは慎ちゃんだけしゃがんでてこめかみに手当てたり顎に手持って行ってカッコつけたりしてるの好きに決まってるじゃないですか。

 

顔周りに手持って行かれるとたまらん気持ちになる私はなんなんや…性質的癖かな。略して性癖。ちなみにここも口を縦に開いて威嚇してるライオンさんみたいな顔してる。

 

 

結論:SixTONES Amazing!!!!!!👏(スタンディングオーべーション)

 

 

 

  • 硝子の少年

慎ちゃんのカッコいいダンスが終始堪能出来る曲ですまる!基本しなやかなんだけどしゃきっとするところはしゃきっとしてて完ぺき👏

 

「Stay with me...」

でなぜ会場が歓声で割れないのか。解せぬ!といいつつ私は「カッコいい…」っていつも唾をのんでましたけど。みんな唾のんでるんだわ。そっかそっか。


この後のREAL FACEの最初流星髙地と3人でこぶし寄せて待機してるんだけどじゃんけんしたり手つかみあったり、はけるときは慎ちゃん流星で早歩きでどっちが早くはけれるか競ってたりして東西天使対決永遠の引き分けである。

 

 

 

  • FIGHT ALL NIGHT

この曲の爽快感たるや。なんと体に入り込んでくるメロディ。

 

慎太郎くん的には龍太にロックオンソング〜🎌曲始まっていきなり龍太にファイティングポーズ。胸ぐら掴むところもめっちゃ目見てニヤニヤしてて龍太くんが慎太郎くんの手払おうとしてもなかなか離さない。


大サビは回る階段上で座ってたんですけど「2人包む」でピースからの指を小指からたたんでいく手技があああ〜好きですう〜ってなる。慎太郎くんが2人を包む瞬間待ちしてました󾌾

 

 

 

  • LOVE

Aメロ京本くんが歌う後ろで長い手足で踊るジェシーちゃんめっちゃツボだし白スーツの10人尊くて、凄い好きだけど、ああ、もう終わっちゃうなあってセンチメンタルにもなる曲だった。

 

大サビで10人が円になって愛を叫ぶんですけど慎ちゃんは背中向きでどんな顔してるんだろ〜〜って思ってたけど、目が合った京本くんがにっこにこだったり隣の龍太くんの肩突然掴んでアピールしてたりそれ終わりで前向いた慎ちゃんが満面の笑みで悟りました😇最高にあの時間を楽しんでた。あの笑顔を見る度に私が慎太郎くんに愛を叫びたかった!!


慎太郎くんの立ち位置の隣のJrが蓮音くんでいつも指さして静止してる手を掴んだり笑わせたり何かしらのちょっかいかけてて微笑み合ってるのと、1回羽場ちゃんにもちょっかいかけてて猫中毒で羽場ちゃんちらっと見た時にとても真顔で踊ってるの見て羽場ちゃん笑って!って勝手に思ってたからその私の願望を叶えたくれた慎太郎くんはみんなの太陽なのかな〜〜☀

 

 

 

  • SHOW&SHOW

慎太郎くんスーパーお口大きいタイム!ずっと笑ってる!ニコニコニコニコ!

 

龍太くんを視界にとらえた瞬間ロックオン加減がえげつない。客席に手を振る龍太くんの視界に無理くり入ろうとして、気付いてもらえたら突然の真顔。龍太くんが何やねん!って感じで右腕叩いたら左腕痛がる慎太郎くん。いや痛がる腕逆!ってツッコミいただいて大満足の慎太郎くん。っていうのを複数回見ました〜龍太くんのこと大好きかよ〜☆

 

という訳で龍太くん。いつ何時も慎太郎くんに優しくしてくださってありがとう!お世話になりました。

 

最後流星ちゃんと向かい合ったら眩しい〜><✨とかピースしあいっこ✌とかしてて、何度天使対決しても永遠に引き分けだから!ってもはや怒りという感情が!←

流星ちゃん、SixTONESお兄ちゃん達に可愛がってもらえて楽しかったかな?それなら私は本望だよ󾌾

 

 

 

っていう感じで毎回毎回満足感のみで私の東西SHOW合戦は幕を閉じておりました💓 

 

 

 

ここまで書いてみて思ったのが、私は9割慎太郎くんしか見てないんですけど意外とSixTONESのこと好きなんじゃない?ってことです。

 

これまでの私はグループまるっと好きになった経験ってほぼなくて、人間は所詮1つのものしか焦点合わないしその人しか見えなくなってしまうのもしょうがないよなって思ってるような人でした。

 

今回東西に入って見えたのは当たり前に慎太郎くんばかりだったけれど、私の好きな慎太郎くんの笑顔の源・矛先は紛れもなくSixTONESというグループなわけで、SixTONESありきの慎太郎くんなんですよ!

慎太郎くんはSixTONESが大好きなんです!

 

私は慎太郎くんが好き。慎太郎くんはSixTONESが好き。三段論法で行くと私もSixTONESが好きってことになるんです。はい論破。

 

 

 

もはや何が言いたいのか分からなくなってきたけどこの私がブログでレポをあげるなんて信じられないことなので、この気持ちを誰かに伝えたい、何かしらの形で残しておきたいくらい楽しかった現場だと思ってくだされば幸いです。

 

 

 

東西SHOW合戦ありがとう。出演者の皆様、スタッフさん、製作に携わってくれた全ての皆様、最高な空間をありがとう。そしてお疲れさまでした。

 

 

恐れず前に一歩踏み出せば何かが変わる

  

 

今のこの勢いで、楽しかった、楽しすぎた東西SHOW合戦の慎太郎くんを振り返りますウィーーーー👏

 

 

 

  • In The Storm

オープニングからSixTONESの爆イケ感MAXで三角のギザギザしたセットから現れる6人はギラっ!ギラっ!ギラっ!稲妻!してた。私が少クラで一目惚れしたビークレのときの赤衣装です(樹がよだれかけつけてるやつって覚えてます←)。


慎太郎くんはオープニングからウェッティな髪型で目の下まで伸びてる前髪をセンター分けしてました。センター分けが似合うって男女問わず相当な顔面をお持ちでないと似合わないと思ってるからやはり慎太郎くんの顔面って凄いなあと。髪色はゴールデンレトリバーみたいでした。わんこです🐶

 

「そう 2人を引き離す」

の慎太郎くんの顔が最高にカッコいいんだぜ!

\よっ、慎太郎、日本一/って合いの手を入れたくなるくらい!いや、無意識で入れてたかもしれない。慎太郎くんって熱唱するとあの大きいお口が縦に開くんですよね。そのときの顔がライオンさんみたいで威嚇してるみたいなんです。わんこからのライオン。

ご本人は自分の歌声あまり好きじゃないって言ってるけど私はゲロ甘ボイス好きだよ!いい声持ってるよ!ソロパート大歓迎だよ!自信持って!私が保障するよ!私の保障では何にもならないけど😭
少年たちの時からずっと気になっていたけどこのあとの髙地くんソロで慎太郎くんだけ激しく右膝でビートを刻んでるんだけどこれは我流なの?センター立ち位置の慎太郎くんだけに与えられた役割なの?

そうこうしてたらそのあとの樹ラップに合わせてぞろぞろステージの前にやってくるんすよ6人が。

 

……あれ、この人達デビューしてないよね?

ってくらいオーラが凄かった。カッコいいなあSixTONESって。

 

 

 

大阪の歌なんて歌いませーん(プイッ)からの全力でほんでもっての振りをするっていう下りをいつも全力で楽しんでた慎ちゃん。康二がめっちゃすとの方来て煽るから「うるさい!」って慎ちゃんが突っ込む回もあったなあ。いやその声が圧倒的にうるさいよっていう(笑)


Ho!サマー!はジェさんと「こ!い!は!」の親指と人差し指合わせる振りか波の振りずーっとやってた。ほぼこの二択。ジェさんの気まぐれボケに大爆笑して真似っこしたり太陽のシャワーをジェさんにかけてあげて全身浴びたり、ここのジェ慎はツッコミ不在だからとっ散らかっててやりたい放題でカワイイ。

 

 

 

  • SHOW&SHOW

これを踊る慎ちゃんは最高のアイドル!キラキラ眩しい存在さ!このときの慎太郎くんを思い出したら私の脳内BGMは必然的にBaby!×3になる。永遠に楽しそうで幸せ。

 

「掴みとれNo.1 世界変えるのは俺たちなのさ」

って歌詞ヤバくない???天才じゃない???No.1掴みとろう???世界変えよう???って毎回思ってた。


立ち位置移動ですれ違う関西Jr.のこと見つめて構ってもらえたら笑顔になって。投げたフリスビー取りに行って戻ってきてわしゃわしゃされてしっぽ振ってるワンコかなってくらい🐶

踊りは常に完ぺきで何も言うことなくて。頭では違うこと考えてても体が勝手に動いちゃうんだろうなあ。才能や。

康二と向かい合って踊るとこで2人ともガシガシのスーパーカッコ良いダンス踊ってるのに顔はくっしゃくしゃの笑顔だし背中向け合うところはおしくらまんじゅうしてるし。

しんじゅりで流星ちゃん挟んだらお腹触りまくってカツアゲの構図だし最後流星ちゃんと2人で向かい合ったら妖精さんの眩しい真似とか顎の下に親指人差し指持ってってシャキーンって天使合戦してるし。結果は永遠に引き分け、いや同率1位どっちも優勝だょ(;∀;)🎌

 

 

 

  • $10(バスケットボール)

私がSMAP生まれSMAP育ちというのもあると思うけどあのイントロ流れると自然と血が騒いでしまうんです。普段は声が全然出せないのにA!B!に合わせて\フゥー!/って合いの手入れたりシュートが決まる度に煽ったり我ながらこのときは盛り上がってたな〜と。

結構反れたボールを長い腕ですくってゴールリングに入れるスーパーゴールを決めたジェさんを見たときは、あ!外人!手足長い!やっぱ凄い!って思いました。
北斗くんがステージからポーンと出てきたボールをキャッチしそこねて客席の方に転がっていったときに、自分が客席に落ちそうになりながらもボールを北斗くんに向かって弾いてあげたり袖に転がってるボール見つけたらサッと取って流したりステージ前の方で煽ってる時に他メンがシュートしはじめたら前列の人のために屈んであげたり、エンターテイナーとしての慎太郎プロの気遣いもたくさん見れて幸せでした…ボール技のあとのドヤ顔が毎度毎度可愛くてな…(墓)

 

「君が僕を愛し始めたのはそう素敵な偶然さ」

これほくしんに歌わせてくれたのはどこの誰ですか〜〜たまらんのじゃ〜〜(ほら貝🐚)そのあとお互いの頭の上とか股の間でボールくるくるするところも慎ちゃんは基本ニコニコして北斗くんのこと見てるのに北斗くんはほぼ見てないという…おおう気まずい。


ラストのシュートのあとに慎ちゃんはゴールリングとは逆方向にトランポリンでバク転するんですけどトランポリンでバク転ってなに!?べこべこな床で勢いつけれるもんなの!?カッコいいね!?っていつも思ってた。慎ちゃんはいつどの瞬間もカッコいいのです。

 

 

 

  • I・ZA・NA・I・ZU・KI〜誘う〜雅

着物!とても似合っていた!和装ってなんでこんなに興奮するのか👘
いざないづきサビの歌舞伎っぽい横移動が好きだし、いざなーーう!の体広げて小さくして右左右左パラパラみたいに動かす振りを真顔でやってるのがスルメです。

スポット当たるソロダンスの慎ちゃん鼓の1音1音に腕あげて最後見得切るの本当にカッコ良い。あぐらで床に座って待機したあと手を顎下に持って行って左右に揺れながら立ち上がるところもたまらん。極めつけはゆっくり1周するやつね。手指の先から足指の先まで全部カッコいいの。しなやかなの。ああヤバい。着物は好きなところばっかり出てくる。

 

 

 

  • Striker

慎太郎くんこの曲でも誘うんだよ!!!和装で散々誘っておいてまだ誘うの!!!でもこっちは全力でオラオラして誘ってくるの。なんと言うことだ。
この曲終始ガシガシダンスなはずなのにこの曲ですら龍太とアイコンタクトとって笑ってたからね。ほんとにダンスがお上手なんですよ。最後の樹とのあげいんだあげーんのときの顔が再びやってくるライオンさん。

 

 

 

  • Blave Soul

ここまでテンションMAXで来てるのにさらにテンション上がることある!?と思ったけどありました。それがこの曲でございます。
如意棒(ではないw)ぐるぐる回してる慎ちゃんが孫悟空にしか見えないし、古から〜みたいな歌詞で上手からぞろぞろ出てくるSixTONES、天竺目指すのかな!?ってくらい向かうとこ敵なしだった!

慎太郎くん孫悟空でしょ?樹ちゃん細いから沙悟浄?北斗くんは三蔵法師西遊記やらせてくれ〜〜〜スタントなしでいけるよ〜〜〜🐒

 

「お前には負けない 俺がとるてっぺん」

とか今の関西JrとSixTONESにしっくり来すぎてて苦しかった…慎ちゃんのアクロは当たり前にカッコいいし龍太くんとの息もぴったり。


各々の見せ場が終わってもうそろそろ終わるのかな?って一息ついたところで京本さまが意気揚々と出てきて、

 

「まだまだ終わらな〜〜い」

っていう流れが好きすぎて。まだ終わらんのか〜〜い!っていつも全力で突っ込んでた私🙌もう一生終わらなくてもいいと思った時間。この舞台で1番興奮したシーンかもしれない。

 

 

 

  • コント

龍太ママとジェシ樹慎太郎3兄弟、康二おじいちゃんファミリーとそれを取り巻く西畑警官、妖精流星、谷間汗北美さん、スター京本とマネージャー髙地さんのコントです。ジャニーズWESTのなにともで新橋演舞場に来た身としてはほぼほぼデジャブだった。

 

慎ちゃんは原則おもしろくない()けど大きな声と勢いと周りのノリに便乗してた(めっちゃ失礼かよ私w)。Mr.TAXIとカルバンクラインとLGTEは最高におもしろかったよお!!!よりによってボケが渋滞してる時にやるからあんまり龍太くんに拾ってもらえなかったけど😂

 

 

毎回花道から登場して龍太ママにおかーちゃんおかーちゃん!って駆け寄る慎ちゃん可愛くて涙が出そうに。なのに園児服の丈が足りなすぎて腹筋背筋がむき出しでバッキバキ。脇腹あたりに見たことのない筋?線?が入ってた。左腕には「Jぐみ しん」って名札つけてて役設定細かいな。

登場の見せ場が終わるとそれ以降の慎樹はほぼ観客。そんなに笑い過ぎると逆に疲れちゃわない?体力消耗しない?顎外れない?ってくらいお口大きく開けて笑ってた󾌲←


妖精流星の登場シーンはしんじゅりで永遠に眩しい><の真似して笑ってるの。舞台後半になっても、10回以上見てても、よく飽きないねってくらい毎回新鮮なリアクション。スター京本の登場の時も回を重ねるごとに壊れていく彼を見てしんじゅりはいつも爆笑でした。


家の前で宝くじが当たったって分かって詳しい相談するために家の中に入るときに、ジェ慎でドアと窓をぐるぐる回ってることがあったんだけど私にはカリブの海賊の追いかけ合いっこする夫婦にしか見えなくてめっちゃ笑った。(結構忠実に再現してると思うから分かる人に届け)

 

100万円あったら何に使う?ボケで慎ちゃんが選ばれるとほぼほぼ妖精流星さんの真似をしてました。

【2/21東西夜コント】100万円あったら何に使う?慎太郎「(流星ちゃんの真似)ピーチかイチゴか、うーん、ペロペロキャンディ10個買お♡(お口プクーってふくらます)」室「それやるにはガタイが良すぎ!」慎「おかしいなあ…10年前ならいけたはず」大天使森本おおおおお😭

これほんとに可愛かったんだよ!とにかく顔が!あれは天使だよ👼

 

妖精流星さんの魔法で停電が起きて宝くじがなくなって探すときに、樹が開けたドアに慎ちゃんがぶつかるっていうの結構やってて終盤にはドアに慎ちゃんの鼻かおでこの脂?汗?が真っ白くついててわろた(笑)

 

その後の停電したときの再現でスーパーほくしんタイムがあるんだけど(1回しんじゅりだったこともあったから何タイムかは分からない)おんぶしたり2人で後頭部と頬に触れて見つめ合ったり大興奮案件でした。

【2/24東西昼】停電の再現の北斗と慎太郎。慎:(北美の後頭部に手持ってって)俺はお前しか見えないよ♡の両手組んでキュン顔する北美(((o(*´>ω<`*)o)))からのほくしんでアロハポーズ〜ほくしんパリピ最高〜!!!👍💓

優勝はこれだけどな!ちなみにこれ幼稚園児の格好でやってるんだからね!普通の衣装だったらほろりメロディー出来るよ!

 

 

 

とまあ、東西の忘れたくない好きな慎太郎くんを羅列してたらとてつもない長文になってました…まだまだ続きます…

 

東西SHOW合戦のこと。

 

2017年2月18〜26日。新橋演舞場。東西SHOW合戦。長いようで短かった9日間。とにかく色んなことがあった9日間。

 

一言で言うと最高に楽しかった!行って良かった!なんですけどそれだけではないのも事実な訳で、今の気持ちを忘れたくないと思って突然ブログを始めました。語彙力はないけど。すぐ更新しなくなる気しかしてないけど。

 

 

 

まず初めに、私はSixTONESド新規です!!!!!!アメージング!!!!!!

SixTONES沼にズブズブした経緯、気付いたら慎太郎くんを夢中で追いかけてた2016年のことを東西の前に残しておこうと下書きしてたのに間に合わなかった。ズドン。

 

 

 

まあ何が言いたいかと言うと私はこれまでのSixTONES(厳密に言うとバカレアかな)にあまりいい印象を抱いていなかったのです。

バカレアはこじはるが好きだったから映画見に行ったけど!世界観が大好きでその当時髙木くんと7人でスタンドマイクで歌ってたShake It Up毎日聞いてたけど!(いや普通に好きじゃんって突っ込まれるかもしれない笑)

その頃の6人って学ラン着てお若いのに眉間に皺寄せてオラオラしててなんか怖くて、それでいて我が強そうで一人一人の個性が強すぎてまとまりがないように私には見えてて。6人のSUMMARYが決まったときは何故?はて?って思ったしレポを見て6人を見るのが楽しみでチケットをとって入った方達があまりいい感想をあげなかったコンサートこれまであった!?って感じて、ああ…この子達は私の思ってた通りのグループなんだなって勝手に解釈してた。

 

 

 

それから3年が経過。各各云々あり森本慎太郎くんしか見えなくなってる自分がいた。(ここらへんのことはまだ下書きに眠っているからいずれあげたい)

 

  

 

そして話を今に戻します。

 

 

 

 

今の、SNSを通して文字でその場の雰囲気を感じられその瞬間を見てない人も楽しめる時代。たった1人の感じ方が全世界に発信されそれが事実と受け取られてしまう可能性のある時代。本当にその場にいた大多数が思っていたのとは違うように捉えられてたりすることもある時代。

  

本人から直接聞いたわけでもこの目で見たわけでもないのにSNSで目にした情報や噂を信じるなんてないない!と思ってるつもりだったけど、週刊誌に載ったりクリエに名前がなかったり捻挫したりこの1週間で何が起きてるの!?ラーラーラーララーラーイヤーお祓いした方がいいよ!?というようなことがどんどん彼らの元へ降り掛かってきて、この6人の未来はどうなるんだろう…もうダメなのかな…って勝手にざわざわしてた。自分で自分の首を絞めて苦しかった。自分の人生でもないのに。

 

 

 

私はTシャツを踏んでた公演に入った。下ネタが過ぎる公演にも入った。それを笑ってくれる人もいるけどそうじゃない人もいる。人間って粗探しする生き物だしそういうのに反応しちゃいますからね。

 

でもだからこそこれだけは声を大にして言いたい!

 

SixTONESのパフォーマンス最高だったんだぞ!SixTONES世界変えれるよ!SixTONESてっぺんとれるよ!

 

コントが文字にしやすいからレポとして流れるのは当たり前だし現に私もレポはほとんどコントのところばかりしてたけど、パフォーマンス本当に最高だったんだぜ!でも最高なパフォーマンスを言葉にしてレポするって難しいから

 

やっと本物のBE CRAZYが見れて慎太郎くんがカッコ良くて終わった後泣いてた。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。私が一番好きな慎太郎くんはビークレ踊ってる慎太郎くんだ。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

 

こんなことしか言えない自分が悔しい。本当に心を揺さぶられたんです。これは東西に入られた方はそう思ってくれたと思う。関西Jrが好きな方も。自信がある。カッコいいとか最高とかそういう言葉では表せられない。(それにしても語彙力なさすぎではって今思ってる)

勘違いされやすいグループだけどパフォーマンスに嘘はないんです。この胸を締め付けてる気持ちに名前をください。(突然のTi Amo)

 

 

 

そして東西千秋楽。最後に一人一人挨拶があったそうで(私はその頃空港にいた)それぞれの口から発せられた言葉をレポとして見た。自分が入ったわけではないので鵜呑みにしたくはない(そうするとこれまでの私と変わらないと思った)けど、文字だけ見て彼らが前しか見ていないことは感じ取った。

彼ら自身10年とかこの活動続けてきて、楽しいこと嬉しいことだけじゃなくて辛いこと悔しいことも経験してきて不安になること辞めたいと思うこともあったと思うけど、それでも今日という日までこの活動を続けてくれて今というこの瞬間に自分達のパフォーマンスに自信を持ってグループのことを誇れるって凄いことだと思う。

慎太郎くんは言葉のチョイスが絶妙に不器用だな〜!って思ったけどそんな真っ直ぐなところが彼のいいところであり好きなところだし、何よりも信じてついてきてくださいって言われたらね。ああ、悲しくなってきた。ヤバい。重い。すぐ重くなるの私の悪い癖。

 

 

 

SixTONESを見るようになって1年ちょっと経つけど、私が彼らにハマっているという現実を俯瞰で見た自分は若干の後ろめたさを感じています。未だにです。凄く凄く違和感があってピースがうまくハマらない感じ。噛み合わせが悪い感じ。でもこれはきっとこれまでジャニーズが私にとって癒やしの対象で、カワイイ〜カッコ良い〜好き〜ってただ言って浮かれていたくて、平和に波風立てずじゃにおたをやりたかった私にとってギリギリ(時々アウトだけど)でいつも生きてる彼らを応援するのはリスクがありすぎたからだと思う。ジャニオタとしての自分のスタンスを変えるという後ろめたさだと分かった。

 

ただでさえ今の自分の人生が波のなの字もないくらい無で生きてるから刺激がほしくなったのかな私。年かな。

 

 

 

 

 

私がバカレアをさっき書いたように思ってたんだから今もそう思ってる人がいるのはもちろん分かってるしキレイ事かよって言われるかもしれないけど、SixTONESの未来に賭けてみるのもありなのかな。いや、私が勝手についていきたいだけか。ついていかせてください。引っ張っていってください。 そんなことを考えた2017年2月末でした。

 

 

 

冷静に考えて、違和感があるのに好きって凄くない!?俺らについてきたいならお前の生き方変えろよって言われてるってことでしょ!?SixTONESが私に与えた影響ヤバくない!?私にとてつもない雷落としてきたよ!?

 

ヤバいな。人生変わっちゃう気がしてきた。SixTONESに私の人生変えられちゃう。キャーーー。嬉

 

駆け落ちするくらいの一世一代の感じ。したことないけど。後には引けない感じ。危ない橋渡ったことないから楽しみしかない感じ。平穏な人生なんてもう懲り懲りだぜって感じ。

 

 

 

俺らまだ原石さ。

 

側にいるから信じてみろよ。

 

 どこまでもついてきな。

 

Amazing!!!!!!が体に沁みるぜ!決めた!SixTONESについていく!見切り発車もいいところだからすぐ離脱しちゃったらすまん!

 

 

 

という訳で自分の今の気持ちに素直になって、これから私はSixTONES森本慎太郎くんのファンです!と胸を張って言いたいと思います。